忍者ブログ
2017.11│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

たっぷりかけて、病的仕上がり★

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ダンナ ノ シアワセ ガ オイラ ノ シアワセ


あ、変な文字が入りこんでいるのは、タイポの練習用紙に落書きしたからでぃ(笑







うぅ・・・返事が来ない。
ふられてしまった。
人間関係って難しい。


私は、人間関係が苦手だし、
他人を好きにになることはあまりないのだけれど、
(つまりクラスメイトをクラスメイトとして思うだけで、あまり好きとか嫌いの区分をしないのね)
それでも心がけていることはある。
他人を憎んだり嫌いになったり、そういうの出来るだけしないようにしてる。
他人の為でなく自分の為にだよ。
人を憎むのってわりと簡単にできてさ、
二年前位かな。私には嫌いな人が沢山いて、
その人が不幸になればいいとか、そういう事も沢山考えた。
人を許せないのって、一番自分が苦しい。
誰か憎い人がいて、その人のこと考えるとカッとして、ひどい奴!って腹立てて、
でも冷静に考えると、自分がその人を呪ったって、その人が辛い目にあうわけでもないし、
その人の幸福も不幸も結局は自分の手の届かないところにある。
逆に自分の気持ちの在り方ってのは、自分にもろに影響する。
負の気持ちって、いつだって自分自身を傷つける。
特に他人に対する呪詛のような念は、まんま自分を呪う気がして嫌だ。
不思議だよね、他人に関することなのに、それは全て自分に返ってくるんだ。
他人に対しての憎しみより、自分に対しての憎しみの方が、辛くない。
これも不思議だよね。
私はこんな性格だから、人から嫌われることも沢山あって、
それで、私もその人のこと嫌いになって、凄い苦しむ。
そうやって嫌われてしまった時に、あぁどうして自分は嫌われる様なことしか出来ないのだろう。って考える様にしている。
その考えはやっぱり自分を傷つけるけど、誰かを嫌うよりずっと静かな気持ちだと思う。

自分の為に自分を叱るのと、
自分の為に他人を否定するのと、
どちらがエゴイスティックなのだろう。
うーん。きっとどちらもエゴイスティックだね。
人間の根底にあるものだから。
PR
←No.73No.74No.72No.71No.70No.69No.68No.67No.66No.65No.64