忍者ブログ
2018.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

たっぷりかけて、病的仕上がり★

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 君を永遠に残すためになら

    僕の存在など

  いくら切り刻んでくれてもかまわない






僕はかぐや姫、やっぱ好きだ。
こんな風に思える人が出来る自信、ない。


胸が痛くなるって言葉あるじゃん。
私今迄、それって胃が痛くなるの間違いじゃないの、って思ってた。
胸が痛くなったことなかったから。
恋をしても、喧嘩をしても、優しくされても、胸なんて何も感じなかったよ。
ただ、胃が痛くなるっていうよりは胸が痛いって言った方が、響き的に綺麗だからそう言うんだと思った。言葉ってそんなもんじゃん。

でも昨日かな。
凄く寂しかった。
いつもなら絵でも描いていればそれは紛れるんだけど、
昨日だけはずっと寂しくて、寂し過ぎてずっと放心状態だった。
原因は分かってるんだ。
あぁ置いていかれてしまったなぁって思った。
私は寂しいのが嫌だから、だから寂しい原因とはすぐさよならする癖がある。
いつも思う。
ずっと繋がり続けて、繋がっていることに安心しつつも寂しい思いをするのと、
繋がりをたって、失ってしまった喪失感にじっと耐えて、悲しさが序次に薄れていくのを待つのと。
どっちが苦しいのかなぁって。
私はすぐ後者を選んでしまうけど。

布団の中で、早くこの気分が治まらないかなとぐるぐる考えていた。
で、胃が痛い!と思ったんだけど、何かいつもと違うな、と。
それで あぁ、これ胸が痛いんだ。って気付いた。
何なのさ。
さよならなんていつものことじゃないか。
今迄と今回と、一体何が違ったというんだ。
それすらも分からないまま、今も胸が痛い。

私はいつも自分で自分を泣かせてる。


あぁもうホント・・・皆何かにじっと耐えて生きているんですか?
こう苦しいと 自分だけなんじゃないかって理不尽な気がしてならない。

PR
←No.42No.41No.40No.39No.38No.37No.36No.35No.34No.32No.26